タイの野鳥・・・セボシカンムリガラ、キマユムシクイ、カオグロイソヒヨドリ

今日まで長々とタイ北部で出会った鳥たちをご紹介してきましたが、シリーズの最後に、今までご紹介できなかった鳥たちの一部をご紹介します。

最初はセボシカンムリガラです。
セボシカンムリガラ(Yellow-cheeked Tit)はバングラデシュ、ブータン、中国、香港、インド、ラオス、ミャンマー、ネパール、タイ、ベトナムなどに分布するシジュウカラの仲間で、英名のように鮮やかな黄色い頬と、和名のように見事な冠羽を持った印象的な鳥でした。

木の中をせわしなく動き回っていたセボシカンムリガラのオス。

セボシカンムリガラ1

和名のように背中の星のような白斑が目立ちます・・・

セボシカンムリガラ2

セボシカンムリガラ4

セボシカンムリガラ5

こちらは胸に黒い縦斑がなく、全体的に体色が薄いセボシカンムリガラのメス。

セボシカンムリガラ3

次はキマユムシクイです。
キマユムシクイ(Yellow-browed warbler)はヒマラヤ山脈の北側の中国内陸部、中央アジア東部、ロシア東部で繁殖し、冬季にはインド、東南アジアなどに渡り越冬。日本では旅鳥または数少ない冬鳥として、主に日本海側の島嶼や南西諸島に渡来しますが、本州、四国、九州で冬季の記録があり、近年越冬例も増えているようです。

込み入った木の中にいたキマユムシクイ。不明瞭な淡色の頭央線と淡黄白色の眉斑、2本の翼帯が確認できます。

キマユムシクイ1

キマユムシクイ2

キマユムシクイ3

最後はカオグロイソヒヨドリのメスです。
カオグロイソヒヨドリ(Chestnut-bellied Rock Thrush)はバングラデシュ、ブータン、インド、チベット、ラオス、ミャンマー、ネパール、パキスタン、タイ、ベトナムなどに生息する森林性のヒタキ科の鳥で、オスでは顔の黒いイソヒヨドリといった感じの美しい鳥ですが、メスはイソヒヨドリのメス同様、体全体が暗灰色な地味系の鳥です。

暗い森に現れたカオグロイソヒヨドリのメス。大きめな眼があどけなく、何処となく魅力を感じさせる鳥でした・・・

カオグロイソヒヨドリ10

カオグロイソヒヨドリ11

カオグロイソヒヨドリ12

カオグロイソヒヨドリ13

今日までタイ北部で出会った鳥たちをご紹介してきましたが、今回のツアーでは日本では珍鳥のヤマザキヒタキやクロノビタキ、ロクショウヒタキ、レンジャクノジコ、コンヒタキ、タカサゴモズなどを含め、160を超える種を見ることができました。一方、気候の異なるタイ中南部では鳥の種類も相当異なるようであり、次回機会があれば是非そんな中南部も訪れてみたいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる