FC2ブログ

カナダの鳥・・・カリフォルニアカモメ、ワシカモメ

カナダシリーズの続きで、今日はカリフォルニアカモメとワシカモメをご紹介します。

最初はカリフォルニアカモメです。
カリフォルニアカモメ(California gull)はカナダ中部からアメリカ西部の内陸部で繁殖し、冬季はアメリカ西海岸で越冬。日本では迷鳥として1988年に神奈川県、1992年に千葉県で記録があるのみだそうです。特徴はセグロカモメとカモメの中間的な大きさで、羽色はセグロカモメに似ていますが、頭部が小さく胴体が長めであること、足が緑黄色であることで区別することができます。

ワシカモメの群れに1羽だけ混じっていたカリフォルニアカモメ。上記特徴を見てとることができます。

カリフォルニアカモメ1

陸に近付き羽根を広げてくれました。初列風切が黒く、ワシカモメとは異なることが分かります。

カリフォルニアカモメ2

カリフォルニアカモメ3

カリフォルニアカモメ4

こちらは別の場所で沖合に浮かんでいたカリフォルニアカモメ。

カリフォルニアカモメ5

次はカナダではごく一般的に見られるワシカモメです。
ワシカモメ(Glaucous-winged gull)はシベリア東部、カムチャツカ半島、アラスカ北西の沿岸で繁殖し、非繁殖期は繁殖地付近に留まる個体と南下する個体に分かれ、アラスカで繁殖した個体は主にカリフォルニアの沿岸に渡り越冬します。日本では、冬鳥として主に北日本に渡来し、西日本では少ないようです。全長約65cmとセグロカモメより大きく、背や翼の上面は青灰色で初列風切は灰色、嘴は黄色で他のカモメ類と比べると大きく、下嘴の先端がややふくらんでおり赤い斑があるのが特徴です。

池の上空に飛んできたワシカモメ。

ワシカモメ2

その後、池の畔の草地に着地しました。特徴であるピンクの足がよく確認できます。

ワシカモメ5

ワシカモメ6

横から見たワシカモメ。上記特徴を見てとることができます。

ワシカモメ1

今日はカリフォルニアカモメとワシカモメをご紹介しましたが、訪れたバンクーバーで見られるカモメ類はほとんどがワシカモメとカモメであり、そんな中に少数混じっているカリフォルニアカモメを探すのは容易ではありません。そんな中、今回は有能なガイドさんのお陰で無事初見のカリフォルニアカモメを見ることができました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる