FC2ブログ

夏鳥を探しに・・・

カナダシリーズの続きですが、夏鳥との出会いを求めて高原の森を訪れましたので、今日はそんな夏鳥たちをご紹介します。

最初は今シーズン初のクロツグミです。
クロツグミ(Japanese thrush)は夏季には主に日本の本州中部以北や中国の長江中流域などで繁殖し、冬季には中国南部に渡って越冬しますが、西日本では越冬する個体もいるようです。

低い枝にとまっていたクロツグミのオス。この鳥に出会うと夏の到来を感じさせてくれます・・・

クロツグミ1

クロツグミ2

クロツグミの囀りが聞こえる方向を探してみると、何と地面で囀っていました・・・

クロツグミ3

クロツグミ4

次はお馴染みのキビタキです。
キビタキ(Narcissus flycatcher)はサハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオなど東南アジアへ渡り越冬しますが、日本では夏鳥として全国の山間部で基亜種のキビタキが普通に見られ、先島諸島に生息する亜種リュウキュウキビタキの一部個体群は留鳥であると考えられています。

木々の間を移動していたキビタキのオス。

キビタキ1

キビタキ2

キビタキ3

英名のごとくナルシストぶりは相変わらずです・・・

キビタキ5

次はコムクドリです。
コムクドリ(Chestnut-cheeked starling)は千島列島、サハリン南部、日本で繁殖し、冬季はフィリピン、ボルネオ北部などに渡り越冬しますが、日本では夏鳥として北海道、本州北部で繁殖し、渡りの時期には本州中部以南の地域でも見られるようです。

芝生の上で頸を伸ばしたコムクドリのオス。英名のごとく頬から耳羽後方にかけて栗色の斑が目立ちます・・・

コムクドリ1

コムクドリ2

こちらは枝止まりのコムクドリのメス。メスは頭部から胸にかけてが灰褐色で、頬に栗色の斑がなくすっきりしています。

コムクドリ5

コムクドリ6

今日は高原の森で出会った夏鳥たちをご紹介しましたが、森の中では心地よい夏鳥たちのコーラスが響き渡っていました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる