迷鳥 カンムリオウチュウ

南西諸島シリーズの続きで、今日は初見のカンムリオウチュウをご紹介します。

カンムリオウチュウ(Hair-crested drongo)はインドからインドシナ、ブータン、中国、インドネシア、ボルネオなどに分布し、日本では迷鳥として舳倉島、トカラ列島、琉球諸島で記録があるようです。

少し前にカンムリオウチュウが出たと聞き、急いでその場所に行った直後、突然姿を見せてくれたカンムリオウチュウ。この突然の出現に息を殺し夢中でシャッターを押していました。名前のごとく額に細い冠羽が見られるほか、後頸から側頸、喉にかけてと、翼に緑色光沢があり美しく光って見えます・・・

カンムリオウチュウ1

尾はやや長く角尾で、外側尾羽の先端部がカールしているのが分かります。

カンムリオウチュウ2

10秒余り同じ場所にとまっていましたが、空中の虫を見つけたのかフライングキャッチのため飛び出し、その後少し遠方の枝にとまりました。

カンムリオウチュウ3

カンムリオウチュウ4

真後ろから見ると、胴体や尾が短く見えてしまいます・・・

カンムリオウチュウ5

カンムリオウチュウ6

今日は日本では迷鳥として舳倉島、トカラ列島、琉球諸島でしか記録がないカンムリオウチュウをご紹介しましたが、迷鳥のカンムリオウチュウが見れた喜びは格別で、その夜は祝杯をあげて喜びを噛みしめました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる