数少ない旅鳥 オウチュウ

南西諸島シリーズの続きで、今日はオウチュウをご紹介します。

オウチュウ(Black drongo)は中国東部から台湾、東南アジア、インドに分布し、中国に生息する個体は冬季には南方へ渡り越冬。日本では数少ない旅鳥として、日本海側の島嶼や南西諸島では比較的よく観察されているようです。

島内の道路わきの電線にとまっていたオウチュウ。全身青みがかった黒色で羽根には光沢があり、尾の先端がカンムリオウチュウとは異なり逆Y字に割れています。

オウチュウ1

オウチュウ2

こちらは枯れ木にとまった同じ個体。

オウチュウ3

オウチュウ4

暫く枯れ木にとまっていましたが、やがて飛び立っていきました・・・

オウチュウ5

こちらは奄美大島で出会ったオウチュウ。

オウチュウ11

オウチュウ10

今日は滞在中何度も目にしたオウチュウをご紹介しましたが、さすが南西諸島、関東ではまず見られないオウチュウをしっかり目に焼き付けることができました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる