FC2ブログ

クルージングで出会った海鳥たち(1)

昨日の続きで、今日は道東のクルージングで出会ったウミスズメの仲間たちをご紹介します。

最初はケイマフリです。
ケイマフリ(Spectacled guillemot)はカムチャツカ半島東岸からオホーツク海、日本海まで分布し、日本では主に北海道の各地に繁殖地が点在しているそうですが、ハシブトガラスやオオセグロカモメなどの捕食圧が大きく、繁殖個体数は減少傾向にあるそうです。

夏羽ほどはっきりしていませんが、目の周りから目尻にかけて白いケイマフリ。英名はこの白いアイリングから、和名はアイヌ語の赤い脚(ケマは脚、フレは赤い)から命名されたようです。

ケイマフリ2

海面近くを低空飛翔するケイマフリ。

ケイマフリ3

ケイマフリ4

ケイマフリ5


次はウミガラスです。
ウミガラス(Common murre)は北太平洋と北大西洋、北極海に広く分布し、日本周辺では樺太の海豹島、海馬島、ハバロフスク周辺、北方領土の歯舞群島に分布し、冬期には本州の北部まで南下します。

頬から胸が白く、眼の後ろに暗色線がある冬羽のウミガラス。

ウミガラス1

ウミガラス2

ウミガラス3

次はウミバトです。
ウミバト(Pigeon guillemot)は千島列島から北アメリカ西岸までの北太平洋に広く分布し、日本では冬鳥として主に北日本の海上に少数が渡来しますが、日本では繁殖の記録はなく、この鳥の夏羽を見ることはないそうです。

夏羽に比べ、頭から頸、体下面が白くなった冬羽のウミバト。

ウミバト1

ウミバト2

最後はウミスズメです。
ウミスズメ(Ancient murrelet)は北太平洋に分布し、主に千島列島からアリューシャン列島、アラスカ西部などの島嶼部で繁殖。日本でも天売島、三貫島(岩手県)などで少数が繁殖し、冬は繁殖地周辺の海上や南下するものもおり、北日本各地の海上で冬鳥として見られることが多いようです。

喉は白く、顔の後ろまで白色部が食い込む冬羽のウミスズメ。

ウミスズメ1

ウミスズメ2

ウミスズメ3

今日は道東のクルージングで出会ったウミスズメの仲間4種をご紹介しましたが、ウミスズメより体の大きいウミガラスやウミバト、ケイマフリなどは嘴の形などもかなり異なっており、同じウミスズメ科の鳥とは思えないほどです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

可愛らしいコオリガモ

昨日の続きで、今日は道東の小さな漁港で出会ったコオリガモをご紹介します。

コオリガモ(Long-tailed Duck)はユーラシア大陸北部、北アメリカ北部、グリーンランド、アイスランドなどの極北部で繁殖し、冬季は中国東北部からカムチャツカ半島、アリューシャン列島、アメリカ西海岸の北部に渡り越冬。日本では冬鳥として北海道や東北地方北部の海上に渡来するほか、稀に東京湾付近まで飛来することもあるようです。

全体に白色で、頸から背にかけてと翼が黒褐色、嘴の中央がピンク色で、長い尾を持つ冬羽のコオリガモのオス。名前の由来ですが、和名は流氷のある水面によく姿を見せることと、体が氷を彷彿とさせる色をしていることから、英名はオスの尾羽が長く、オナガガモを彷彿とさせることから名付けられたようです。

コオリガモ6

さすが海ガモ、何度も水中に潜り、貝や甲殻類、魚などを捕食しているようでした。

コオリガモ7

コオリガモ5

コオリガモ10

長い尾羽がよく分かります・・・

コオリガモ4

こちらは顔の白色の部分が広く、嘴が黒色で、尾羽は長くないコオリガモのメス。

コオリガモ25

コオリガモ27

コオリガモ26

飛び出しました・・・

コオリガモ21

コオリガモ22

今日は道東の小さな漁港で出会ったコオリガモをご紹介しましたが、関東では滅多に見ることができないカモでもあり、そんなコオリガモに出会えただけでも冬の北海道を訪れた甲斐がありました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

冬の道東を代表する鳥・・・タンチョウ

昨日に続き、今日は日本を代表する鳥、タンチョウをご紹介します。

タンチョウ(Red-crowned crane)は夏季に中国北東部、アムール川やウスリー川中流域で繁殖し、冬季になると朝鮮半島、長江下流域ヘ南下し越冬しますが、 日本では主に北海道東部の釧路湿原などで繁殖し、留鳥として生息しています。

餌場に集まって来たタンチョウ。

タンチョウ1

タンチョウ2

タンチョウ3

時折このように求愛ダンスを見せてくれます・・・

タンチョウ6

タンチョウ7

当地には餌を求めてオオハクチョウたちも来ていました・・・

タンチョウ8

ペアで鳴き交わしていたタンチョウ。

タンチョウ9

雪山をバックに飛翔するタンチョウです。ゆったりと飛翔するタンチョウは何とも優雅です・・・

タンチョウ4

タンチョウ5

タンチョウ10

タンチョウ11

タンチョウ13

今日は日本を代表するタンチョウをご紹介しましたが、冬の北海道で見るタンチョウは何度見ても飽きることがありません・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

眠りから覚めはじめたタンチョウ

昨日の続きで、今日はタンチョウの塒で有名な撮影ポイントに行ってきましたので、当地で撮影したタンチョウをご紹介します。

当地は真冬の川霧に浮かぶ幻想的なタンチョウの撮影地として知られており、そんなシーンを期待して現地を訪れました。しかし、この日はあいにく天気が今一つで期待した川霧は見られませんでしたが、それでも極寒の川面で眠りから覚めはじめたタンチョウたちを撮影することができました。

夜の帳も明け、少しずつ活動を始めたタンチョウたち。

タンチョウ100

タンチョウ106

タンチョウ102

タンチョウ103

樹氷をバックに活動を始めたタンチョウ。

タンチョウ105

タンチョウ107

今日は極寒の川面で眠りから覚めはじめたタンチョウたちをご紹介しましたが、次回はぜひ川霧の中に浮かぶ幻想的なタンチョウを見てみたいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

雪原のオオワシ

昨日の続きで、今日は道東の海岸線で出会ったオオワシをご紹介します。

オオワシ(Steller's sea eagle)は夏季にロシア東部(カムチャッカ半島、樺太北部など)で繁殖し、冬季になると越冬のため朝鮮半島、沿海州、カムチャッカ半島南部などへ南下するほか、カムチャッカ半島では千島列島以南へ南下せずに留まる個体も多いそうです。日本では基亜種が冬季に越冬のため北海道や本州北部に飛来することが知られています。

雪山をバックに雪原で休んでいたオオワシの成鳥。

オオワシ21

オオワシ20

海岸線で休んでいたオオワシ。

オオワシ17

オオワシ18

オオワシ19

青空バックに飛翔するオオワシ。

オオワシ12

オオワシ13

オオワシ14

ぐんぐん近づき、真上を横切っていきました。

オオワシ15

オオワシ16

今日は道東の海岸線で出会ったオオワシをご紹介しましたが、全身黒色で、小雨覆から中雨覆、脛羽、尾が白いオオワシには雪原がよく似合うようです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる