FC2ブログ

クロアジサシ

小笠原・西之島クルーズの続きで、今日はクロアジサシをご紹介します。

クロアジサシ(Brown Noddy)は太平洋、インド洋、大西洋の熱帯、亜熱帯の島々で繁殖し、非繁殖期は周辺の外洋で生息する体長38~45cmのカモメ科クロアジサシ属の海鳥で、分布域により4亜種に分かれており、日本で見られるのは紅海からインド洋、太平洋のハワイ諸島、イースター島にかけて分布する亜種クロアジサシ(Anous stolidus pileatus)とされています。

小笠原海域に入り、海面近くを一直線に低空飛翔していたクロアジサシ。.名前のごとく全身黒褐色で、額から頭上が白いのが特徴で、日本では夏鳥として小笠原群島、硫黄列島、南鳥島、宮古島、仲御神島、与那国島などの小島や岩礁で繁殖しています。

クロアジサシ11

クロアジサシ12

クロアジサシ13

クロアジサシ20

クロアジサシ23

クロアジサシ24

クロアジサシ25

クロアジサシ26

今日は小笠原海域に入り何度も目にしたクロアジサシをご紹介しましたが、本種やクロアジサシ属の鳥に付けられた英名の"Noddy"(うなずく者)というちょっと不思議な名前は、求愛行動の際、オスとメスが首を上下させる行動から名付けられたそうで、同じような行動はカツオドリやカモ、ハト、ハクチョウの仲間などでも見られるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アナドリ

小笠原・西之島クルーズの続きで、今日はアナドリをご紹介します。

アナドリ(Bulwer's Petrel)はインド洋、大西洋、太平洋に広く分布し、夏季にアゾレス諸島、ハワイ諸島、マルキーズ諸島で繁殖する体長約27cmのミズナギドリ科アナドリ属の海鳥で、日本では火山列島(硫黄列島)や小笠原諸島、仲の神島、ハンミャ島、枇榔島(繁殖地の北限)で繁殖しています。

小笠原諸島周辺で何度も目にしたアナドリ。岩の隙間や斜面に掘った穴に卵を産むことからアナドリの和名が付けられていますがミズナギドリの仲間で、尾羽はやや長い楔形、全身黒褐色の羽毛で被われ、大雨覆上面が淡褐色であるため、飛翔時には写真のように帯状に見えます。

アナドリ10

アナドリ3

アナドリ4

アナドリ5

アナドリ6

アナドリ7

アナドリ8

日本でも火山列島(硫黄列島)や小笠原諸島など、多くの島々で繁殖しているアナドリですが、中でも父島列島の東島はアナドリが1000組以上繁殖している国内最重要繁殖地の一つとして知られていますが、2006年の調査では外来動物であるネズミ類の食害により調査区では繁殖が皆無であることが判明し、2008年環境省自然再生事業として、東島を含めた無人島でのネズミ類根絶対策が開始され、その結果、2009年より東島でアナドリの繁殖が確認され、駆除事業が消滅寸前であった個体群の存続に間に合った事例として紹介されています。同様に、父島や母島においてはネコ駆除によりアカガシラカラスバトをはじめとする鳥類に回復の傾向が見られているそうで、現在も引き続きこれら外来種に対する地道な取り組みが継続されているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロハラミズナギドリ

小笠原・西之島クルーズの続きで、今日は小笠原海域に近ずくにつれ何度も目にしたシロハラミズナギドリをご紹介します。

シロハラミズナギドリ(Bonin Petrel)は北太平洋西部に分布し、夏季にマーシャル諸島、マリアナ諸島周辺、オホーツク海などへ渡り、冬季にハワイ諸島で繁殖する体長約31㎝のミズナギドリ科シロハラミズナギドリ属の海鳥で、日本には繁殖のため小笠原諸島の北之島と硫黄列島の南硫黄島で繁殖し、周辺の海域に生息することが知られています。

小笠原諸島周辺の海域で何度も姿を見せたシロハラミズナギドリ。頭頂から後頸や眼の周りが黒く、飛翔時には翼に不明瞭な黒褐色のアルファベットの「M」字状の斑紋が見えるほか、和名のように体下面は白く、翼下面は白く、斜めに黒色の太い切れ込み線が入るほか、初列下雨覆も黒色なのが特徴です。

シロハラミズナギドリ39

シロハラミズナギドリ40

シロハラミズナギドリ41

シロハラミズナギドリ37

シロハラミズナギドリ36

何かを咥えて飛翔していたシロハラミズナギドリ。

シロハラミズナギドリ54

下面から見ると、翼下面の黒色の斜めの太い切れ込み線と初列下雨覆の黒色斑を確認することができます。

シロハラミズナギドリ42

シロハラミズナギドリ35

シロハラミズナギドリ33

今日は英名で小笠原群島(小笠原諸島北部の群島)を意味するBonin Islands(江戸時代の無人島(ぶにんしま、ぶにんじま)に由来)の名がついたシロハラミズナギドリをご紹介しましたが、小笠原群島の名を冠するシロハラミズナギドリは我々日本人にとって親近感を感じさせる海鳥と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オナガミズナギドリ

小笠原・西之島クルーズの続きで、今日は小笠原海域に近ずくにつれ何度も目にしたオナガミズナギドリをご紹介します。

オナガミズナギドリ(Wedge-tailed Shearwater)はインド洋、太平洋に広く分布する体長約43cmのミズナギドリ科ハイイロミズナギドリ属の海鳥で、日本では主に淡色型の個体が小笠原諸島、硫黄列島に飛来し、春から秋にかけて同海域を中心に生息するほか、冬季も本州中部以南の沖合で見られることがあるようです。

小笠原諸島周辺でよく見られた淡色型のオナガミズナギドリ。上面は一様に黒褐色で、翼下面は白く、黒褐色の縁取りが前縁まであり、和名のように尾は長く、英名のように尾が尖った楔型をしているのが特徴です。

オナガミズナギドリ5

オナガミズナギドリ8

オナガミズナギドリ24

オナガミズナギドリ26

オナガミズナギドリ7

オナガミズナギドリ6

オナガミズナギドリ10

オナガミズナギドリ20

今日は小笠原諸島、硫黄列島に飛来し、春から秋にかけて同海域を中心に生息するオナガミズナギドリをご紹介しましたが、小笠原航路に乗らなければなかなか見られない海鳥だけに、片道24時間かけて船に乗るだけの価値はあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオミズナギドリ

小笠原・西之島クルーズの続きで、今日は航路の途中、何度も目にしたオオミズナギドリをご紹介します。

オオミズナギドリ(Streaked Shearwater)は西太平洋北部の温帯域(日本近海、黄海、台湾周辺の島嶼)で繁殖し、冬季になると南シナ海からオーストラリア北部海域へ南下し越冬する体長約49㎝のミズナギドリ科オオミズナギドリ属の海鳥で、日本では夏季に北海道(渡島大島)から八重山諸島(仲御神島)にかけての離島で繁殖するほか、韓国では済州道の管轄となる泗水島に大繁殖地があり、他の島々でも少数が繁殖しているようです。

風のない穏やかな海では数十羽のオオミズナギドリの群れが海上で休んでいましたが、船が近づくと一斉に飛び出しました・・・

オオミズナギドリ13

オオミズナギドリ10

オオミズナギドリ12

オオミズナギドリ2

英名のごとく頭部の白色と黒褐色のごま塩模様がオオミズナギドリの特徴ですが、和名は日本産ミズナギドリ類では最大であることから名付けられています。

オオミズナギドリ4

オオミズナギドリ3

今日は日本近海では最も普通に見られるオオミズナギドリをご紹介しましたが、日本では1924年に京都府舞鶴市の冠島が「オオミズナギドリ繁殖地」、1928年に北海道松前町の渡島大島が「オオミズナギドリ繁殖地」、1935年に岩手県釜石市の三貫島が「三貫島オオミズナギドリおよびヒメクロウミツバメ繁殖地」、1938年に島根県西ノ島町の星神島が「星神島オオミズナギドリ繁殖地」、1940年に島根県西郷町(現:隠岐の島町)の沖ノ島が「沖島オオミズナギドリ繁殖地」、1972年に新潟県粟島浦村の粟島が「粟島のオオミズナギドリおよびウミウ繁殖地」として繁殖地が国の天然記念物に指定されており、そんなことから京都府では府鳥に指定されているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる