タケアオゲラ

タイシリーズの続きで、今日はタケアオゲラをご紹介します。

タケアオゲラ(Laced Woodpecker)はミャンマー東部、中国南部、タイ、インドシナから スマトラ、ジャワ、バリにかけて分布する体長27~33cmのキツツキ科アオゲラ属の鳥で、日本で留鳥として生息するアオゲラにも似ていますが、顎線は黒色で、腹には縦斑があり、尾羽は暗色なのが特徴です。

熱帯雨林の森で目にしたタケアオゲラのオス。同じアオゲラ属でミャンマーからインドシナに分布するスジムネアオゲラ(Streak-breasted Woodpecker)にもよく似ていますが、タケアオゲラは縦斑が胸にはなく腹だけにあることで識別できるようです。

タケアオゲラ1

タケアオゲラ2

タケアオゲラ3

タケアオゲラ5

タケアオゲラ6

タケアオゲラ7

タケアオゲラ8

今日は東南アジアでは比較的よく見かけるタケアオゲラをご紹介しましたが、このちょっと変わった和名の由来ですが、主に竹林の周りや二次林で生息しており、繁殖の際には竹に穴を開けて営巣するためこのような名前が付けられたものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

スミレテリカッコウ

タイシリーズの続きで、今日はスミレテリカッコウをご紹介します。

スミレテリカッコウ(Violet Cuckoo)はインド、東南アジアからフィリピンにかけて広く分布する体長16~17cmの小型のカッコウ科の鳥で、オスでは名前のように頭から上面は濃い紫色で、嘴が鮮やかな赤色なのが特徴です。なお、本種には2亜種が認められており、今回目にしたのはフィリピン以外の全域で見られる基亜種Chrysococcyx xanthorhynchus xanthorhynchusと思われます。

熱帯雨林の林縁で目にしたスミレテリカッコウのオス。まだ若い個体なのか、顔から胸にかけては完全な紫色ではなく横縞が混じっていました。

スミレテリカッコウ1

スミレテリカッコウ2

スミレテリカッコウ3

スミレテリカッコウ4

スミレテリカッコウ5

近くにメスがいるのか、盛んに鳴いていました・・・

スミレテリカッコウ6

スミレテリカッコウ7

スミレテリカッコウ8

今日は東南アジアに広範囲に分布するスミレテリカッコウをご紹介しましたが、本種はタイヨウチョウやクモカリドリの巣に托卵することが知られており、このようなカッコウ類の鳥を見つけるにはその托卵相手が営巣するような場所を探すのが最も手っ取り早い方法かと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムネアカゴシキドリ、ノドアカゴシキドリ

タイシリーズの続きで、今日はムネアカゴシキドリとノドアカゴシキドリをご紹介します。

最初はムネアカゴシキドリです。

ムネアカゴシキドリ(Coppersmith Barbet)はインド亜大陸から東南アジア全域に分布する体長約17cmのオオゴシキドリ科オオゴシキドリ属の鳥で、和名のように胸や前頭部に鮮やかな赤斑があり、眼の周りは黄色で背面は緑色、腹には緑色の縦斑があるのが特徴です。なお、本種は分布域により全部で9亜種に分かれており、今回目にしたのはインド亜大陸から中国南部、インドシナ、マレーシアにかけて分布する亜種Psilopogon haemacephalus indicusと思われます。

開けた場所に突然やって来たムネアカゴシキドリ。

ムネアカゴシキドリ10

ムネアカゴシキドリ9

次はノドアカゴシキドリです。

ノドアカゴシキドリ(Red-throated Barbet)はマレー半島からスマトラ、ボルネオにかけて分布する体長約23cmのオオゴシキドリ科オオゴシキドリ属の鳥で、オスでは名前のように喉や後頭部に鮮やかな赤斑があるのが特徴です。なお、本種には2亜種が認められており、今回目にしたのはマレー半島からスマトラ、ボルネオにかけて分布する基亜種Psilopogon mystacophanos mystacophanosと思われます。(他の1亜種はスマトラ沖のバトゥ諸島に分布するPsilopogon mystacophanos ampalus)

熱帯雨林の森で目にしたノドアカゴシキドリのオス。やはりキツツキ目の鳥、巣穴を作っているのか、夢中で幹を突いていましたた。

ノドアカゴシキドリ2

ノドアカゴシキドリ3

ノドアカゴシキドリ5

ノドアカゴシキドリ7

ノドアカゴシキドリ8

今日は何れもよく似たオオゴシキドリ科オオゴシキドリ属のムネアカゴシキドリとノドアカゴシキドリをご紹介しましたが、東洋区(南アジア、東南アジア、中国南部)に生息するオオゴシキドリ科の鳥は種類が多く、現在2属34種が認められています。そのうち、今までに目にしたのはゴシキドリ、キエリゴシキドリ、シロボシオオゴシキドリ、ミドリオオゴシキドリ、クロヒゲゴシキドリ、ムネアカゴシキドリ、ノドアカゴシキドリの7種ですが、今後はそんなことを考えながら見ていきたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カザリショウビン

タイシリーズの続きで、今日はカザリショウビンをご紹介します。

カザリショウビン(Banded Kingfisher)はミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、スマトラ、ジャワ、ボルネオなどに分布する体長21.5~24.5cmのカワセミ科カザリショウビン属に属する唯一の種で、全部で3亜種に分かれており、今回目にしたのは分布域から考え、マレー半島(北緯7°以南)、スマトラ、ジャワなどに分布するLacedo pulchella pulchellaと思われます。

熱帯雨林の森で目にしたカザリショウビンのオス。かなり高い木の上で鳴いていたため、お腹側しか撮れませんでしたが、それでも何とかオスの特徴である頭から尾にかけて藍色に淡青色の横縞がある羽衣を確認することができました。(メスは頭から尾にかけて赤褐色)

カザリショウビン1

カザリショウビン2

カザリショウビン3

カザリショウビン4

カザリショウビン5

今日は東南アジアでは人気のカザリショウビンをご紹介しましたが、今度はもう少し低い位置でその美しい姿を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミツユビカワセミ赤色型(セアカミツユビカワセミ)?

タイシリーズの続きで、今日はミツユビカワセミの赤色型と思われる個体をご紹介します。

ミツユビカワセミ(Oriental Dwarf Kingfisher)はインド、スリランカから中国南東部、インドシナ、スマトラ、ジャワ、スマトラ、フィリッピンにかけて広く分布する体長12.5~14cmのカワセミ科ミツユビカワセミ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回当地で目にした個体はインド、スリランカから中国南東部、インドシナ、スマトラに分布する基亜種Ceyx erithaca erithacaと思われます。なお、ミツユビカワセミには黒色型(Black-backed morphs)と赤色型(Rufous-backed morphs)の存在が知られており、黒色型をミツユビカワセミ(Black-backed Kingfisher)、赤色型をセアカミツユビカワセミ(Rufous-backed Kingfisher)として別種扱いする考えもありますが、IOC(国際鳥類学会議)ではそれぞれを暗色型、赤色型としており、本ブログもそれに従いました。

これから営巣に入るのか、熱帯雨林の森で巣穴を掘りにやって来たミツユビカワセミの赤色型?と思われる個体。アカショウビンを小型にしたようなカワセミですが、この個体は翼上面が暗赤色であり、一部黒色型の特徴も有しているような感じで、ちょっと疑問の残る個体です。

セアカミツユビカワセミ1

セアカミツユビカワセミ4

セアカミツユビカワセミ6

セアカミツユビカワセミ7

セアカミツユビカワセミ8

セアカミツユビカワセミ9

セアカミツユビカワセミ11

こちらは入れ替わりにやって来た個体。翼上面は赤色で、こちらは明らかに赤色型といった個体でした。

セアカミツユビカワセミ25

セアカミツユビカワセミ21

セアカミツユビカワセミ22

セアカミツユビカワセミ23

セアカミツユビカワセミ26

今日はミツユビカワセミの赤色型?と思われる番をご紹介しましたが、その中の1個体は一部黒色型の特徴を持っているようにも見え、ちょっと疑問を感じました。黒色型と赤色型は何れも同一亜種内での表現形であることを考えると、両者の交雑、あるいは中間型の可能性も考えられ、勝手に妄想をたくましくしています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる