オーストラリアマルハシ、モリツバメ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はオーストラリアマルハシとモリツバメをご紹介します。

最初はオーストラリアマルハシです。

オーストラリアマルハシ(Grey-crowned babbler)はニューギニアからオーストラリアにかけて分布する体長約25cmのオーストラリアマルハシ科の鳥で、英名のように頭頂が灰色なのが特徴です。なお本種には2亜種が認められており、当地に分布するのはニューギニアからオーストラリア東部・南部に分布する基亜種Pomatostomus temporalis temporalisで胸が灰白色なのが特徴です。

ケアンズ郊外のゴルフ場で目にしたオーストラリマルハシ。

オーストラリアマルハシ1

餌をめぐっての争いでしょうか?2羽がバトルしていました・・・

オーストラリアマルハシ2

オーストラリアマルハシ3

オーストラリアマルハシ4

オーストラリアマルハシ5

オーストラリアマルハシ6

次はモリツバメです。

モリツバメ(White-breasted woodswallow)はフィリピン、マレー半島、ジャワ、ボルネオ、スマトラ、ニューギニア、オーストラリア、フィジーに分布する体長約17cmのモリツバメ科の鳥で、上面は褐色みを帯びた灰黒色で、胸以下の体下面と腰から上尾筒は白く、嘴は太く青灰色なのが特徴です。なお本種は分布域により9亜種に分かれており、今回当地で目にしたのはニューギニアからオーストラリア北部・東部に分布する亜種Artamus leucorynchus leucopygialisと思われます。

ケアンズ郊外の港で目にしたモリツバメ。青灰色の嘴が印象的です・・・

モリツバメ2

水面近くを帆翔するモリツバメ。腰から上尾筒にかけての白色部分が印象的です・・・

モリツバメ1

今日はオーストラリアマルハシとモリツバメをご紹介しましたが、なかでもモリツバメについては、過去、迷鳥として日本でも4回記録(フィリピン、ボルネオ、ブングラン諸島に分布する基亜種Artamus leucorynchus leucorynchus) があるだけに親しみを感じさせてくれました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンセッカ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はタイワンセッカをご紹介します。

タイワンセッカ(Golden-headed cisticola)はインドからオーストラリアにかけて分布する体長約10cmのセッカ科の小鳥で、繁殖期には頭部、喉および胸部が明るい金色がかったオレンジ色になり、尾羽は非繁殖期よりも短くなることが知られています。

ケアンズ郊外の高原地帯で目にしたタイワンセッカのオス。既に繁殖期に入っているのでしょうか、嘴には虫を咥えており、頭部、喉および胸部は金色がかっていました。

タイワンセッカ9

タイワンセッカ10

タイワンセッカ1

タイワンセッカ3

タイワンセッカ4

タイワンセッカ5

タイワンセッカ6

タイワンセッカ7

雛に餌をあげるのでしょうか?飛び出していきました・・・

タイワンセッカ8

今日はインドからオーストラリアにかけて分布するタイワンセッカをご紹介しましたが、本種は分布域により12亜種に分類されており、今回目にしたのはニューギニアからオーストラリ北東部に分布する亜種Cisticola exilis diminutusと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キバラタイヨウチョウ、ヤドリギハナドリ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はキバラタイヨウチョウとヤドリギハナドリをご紹介します。

最初は東南アジアではお馴染みのキバラタイヨウチョウです。

キバラタイヨウチョウ(Olive-backed sunbird)は東南アジアからオーストラリアかけて広く分布するタイヨウチョウの仲間で、全部で21亜種に分類されていますが、今回、当地で目にしたのはニューギニアからオーストラリア北東部にかけて分布する亜種Cinnyris jugularis frenatusと思われます。

ケアンズ郊外の疎林で目にしたキバラタイヨウチョウのオス。英名のように背はオリーブ褐色をしていますが、和名のごとく腹は黄色で、オスでは喉から上胸が金属光沢のある暗青色をしています。

キバラタイヨウチョウ1

こちらはオスの若い個体でしょうか・・・

キバラタイヨウチョウ2

キバラタイヨウチョウ3

こちらは喉から上胸に金属光沢の暗青色がないメス。

キバラタイヨウチョウ10

次はヤドリギハナドリです。

ヤドリギハナドリ(Mistletoebird)はマルク諸島からオーストラリア全土にかけて分布する体長10~11cmのハナドリ科の鳥で、名前はヤドリギ(Mistletoe)の実を食べることに由来しており、日本に渡来するレンジャク同様、ヤドリギの種を広げるのに役立っているようです。なお、ヤドリギハナドリは分布域により4亜種に分類されており、当地で目にしたのはオーストラリア全土に分布する基亜種Dicaeum hirundinaceum hirundinaceumと思われます。

ケアンズ近郊の森で目にしたヤドリギハナドリのオス。喉から胸にかけてと下尾筒が鮮やかな緋色でとても美しい鳥です・・・

ヤドリギハナドリ1

ヤドリギハナドリ2

今日はオーストラリアを代表するタイヨウチョウ科とその姉妹群であるハナドリ科の鳥をご紹介しましたが、ともに東洋区(南アジア・東南アジア)とオーストラリア区に生息し、花蜜を主食とする点では共通しており、両者が近縁であることがよく理解できます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カノコスズメ

昨日の続きで、今日も同じくカエデチョウ科の鳥、カノコスズメをご紹介します。

カノコスズメ(Double-barred finch)はオーストラリア北部から東部の乾燥したサバンナや草原、低木などに分布する体長10~11cmのカエデチョウ科キンパラ亜科キンカチョウ属の小鳥で、英名は喉と胸に2本の黒い帯があることから、和名は翼に鹿の子模様があることから名付けられています。

ケアンズ郊外の高原地帯で目にしたカノコスズメ。地面に降りて盛んに草の実のようなものを食べていました。

カノコスズメ1

カノコスズメ2

カノコスズメ3

カノコスズメ4

ひとしきり食事をした後は、近くの小木の枝にとまり休んでいました。

カノコスズメ9

カノコスズメ8

カノコスズメ5

今日は同じくカエデチョウ科の小鳥、カノコスズメをご紹介しましたが、カノコスズメは顔の周りにリング状の黒い帯があるため、一見フクロウの顔のように見えることから、別名フクロウ・フィンチとも言われているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シマコキン

再びオーストラリアシリーズに戻ります。今日は同じくカエデチョウ科の鳥、シマコキンをご紹介します。

シマコキン(Chestnut-breasted mannikin)はオーストラリア、ニューカレドニア、インドネシア、パプアニューギニアに分布する体長約10cmのカエデチョウ科キンパラ亜科キンパラ属に属する小鳥で、英名のように胸が栗色で、脇腹には縞状の黒色斑があるのが特徴です。

昨日のフヨウチョウと同じく熱帯雨林のロッジ中庭やって来たシマコキン。いがみ合いなのでしょうか?右側の2個体は嘴を突き合わせつばぜり合いしているようでした。

シマコキン7

シマコキン8

シマコキン9

シマコキン10

シマコキン1

シマコキン2

シマコキン3

シマコキン5

シマコキン6

昨日に続き、同じくカエデチョウ科キンパラ亜科に属するシマコキンをご紹介しましたが、シマコキンは日本の南西諸島ではお馴染みのシマキンパラや外来種としても知られるギンパラなどと同じキンパラ属に属しており、見た目にも大変よく似ており、初めてとは思えない親近感を感じました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる