FC2ブログ

キガシラムクドリ、キュウカンチョウ

ベトナムシリーズの続きで、今日はキガシラムクドリとキュウカンチョウをご紹介します。

最初はキガシラムクドリです。

キガシラムクドリ(Golden-crested Myna)はインド北東部から東南アジアにかけて分布する体長22~24cmのムクドリ科Ampeliceps(キガシラムクドリ)属の鳥で、全身黒色ですが、名前のように頭部から喉にかけて鮮やかな黄色で、雨覆にも黄色のパッチがあり、大変インパクトのある鳥です。

カッティエン国立公園で遥か彼方の対岸にやって来たキガシラムクドリ。あまりに遠くて鮮明な写真ではありませんが、左側の個体は頭部から顔にかけて黄色で、翼のパッチもはっきりしていることからオスと思われ、右側の個体は頭部と喉に黄色斑があることからメスと思われます。

キガシラムクドリ1

しばらくすると、やや大型の黒い鳥がやって来ました。よく見ると、日本でも飼い鳥として人気の高いキュウカンチョウです。(左側の個体はキガシラムクドリのメスと思われます)

キュウカンチョウ(Common Hill Myna)はインドから東南アジアにかけて分布する体長27~31cmのムクドリ科キュウカンチョウ属の鳥で、嘴はオレンジ色で、眼下部から後頭部にかけて黄色い肉垂れがあるのが特徴で、分布域により7亜種に分かれていますが、今回目にしたのは黄色い肉垂れの形と分布域から考え、インド北部から中国南部、インドシナ、タイにかけて分布する亜種Gracula religiosa intermediaと思われます。

キュウカンチョウ2

キュウカンチョウ1

今日は遥か遠くの木にとまった何れも黒色の体に黄色斑の対比が鮮やかなムクドリ科の鳥、キガシラムクドリとキュウカンチョウをご紹介しましたが、今度はもう少し近くでその姿を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クビワムクドリ

ベトナムシリーズの続きで、今日は東南アジアでは比較的ポピュラーなクビワムクドリをご紹介します。

クビワムクドリ(Black-collared Starling)は中国南部からカンボジア、ベトナムにかけて分布する体長27~30.5cmのムクドリ科Gracupica属の鳥で、名前のように首に太くて黒い首輪状の帯があることから名付けられています。

ベトナム南部の草地で目にしたクビワムクドリ。ムクドリの仲間ではキュウカンチョウと並んで大きく、眼の周囲は露出した黄色い皮膚で縁どられ、黒いマフラーを巻いたような首の輪が目を引きます。

20180114-4S3A1438.jpg

20180114-4S3A1452.jpg

20180114-4S3A1435.jpg

20180114-4S3A1460.jpg

20180114-4S3A1448.jpg

今日は中国南東部や東南アジアでは比較的ポピュラーなクビワムクドリをご紹介しましたが、日本ではまだ記録のない鳥ではありますが、気候の温暖化や亜熱帯化に伴い、今後日本でも記録される可能性のある鳥とも言われています。いつの日か日本でもそんなクビワムクドリを見てみたいいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チョウショウバト

ベトナムシリーズの続きで、今日はチョウショウバトをご紹介します。

チョウショウバト(Zebra Dove)はタイ南部、マレーシア、シンガポールから、インドネシアのスマトラ島、ジャワ島、バリ島などの島々に自然分布する体長約21cmのハト科チョウショウバト属の小型のハトですが、近年、かご抜けあるいは意図的な放鳥により、タイ中部、ラオス、ボルネオ島、スラウェシ島、ハワイ、ニューカレドニアなど、広い範囲で見ることができるようで、今回ベトナム南部で目にしたのもかご抜けあるいは意図的な放鳥により分布を広げたものではないかと思われます。

カッティエン国立公園で目にしたチョウショウバト。上面は褐色みのある灰色で黒の縞模様があり、下面は桃色みを帯び、頸、胸、腹の両側に黒い縞があるのが特徴で、顔は青灰色で目の周りに青い皮膚が裸出しています。

チョウショウバト1

チョウショウバト3

チョウショウバト4

今日はベトナムではかご抜けあるいは意図的な放鳥により分布を広げたと思われるチョウショウバトをご紹介しましたが、本種は鳴き声がクークーという柔らかい声で断続的に鳴くことからペットとして人気があり、本来の自然分布域以外にも分布域を広げているようで、以前訪れたボルネオでもその愛らしい姿を楽しんだことを思い出しました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミカドバト

ベトナムシリーズの続きで、今日はミカドバトをご紹介します。

ミカドバト(Green Imperial Pigeon)はネパール、インド、スリランカから中国南部、タイ、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、大スンダ列島、小スンダ列島、フィリピンなどにかけ広く分布する体長42~47cmのハト科ミカドバト属の鳥で、分布域により12亜種に分かれており、今回目にしたのはインド北部、ネパールから中国南部、タイ、インドシナ、アンダマン諸島に分布する亜種Ducula aenea sylvaticaと思われます。

カッティエン国立公園で上空を横切っていったミカドキジ。さすがImperialというだけあり、上面が美しい緑色をした大型のハトです。

ミカドバト4

ミカドバト5

ミカドバト3

ミカドバト6

今日は上面が美しい緑色の大型のハト、ミカドバトのうち、インド北部、ネパールから中国南部、タイ、インドシナ、アンダマン諸島に分布する亜種Ducula aenea sylvaticaと思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに以前、ボルネオで目にしたマレー半島から大スンダ列島、小スンダ列島に分布する亜種Ducula aenea polia に関するブログをご紹介します。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-240.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ベニバト

ベトナムシリーズの続きで、今日は日本でも南西諸島ではお馴染みのベニバトをご紹介します。

ベニバト(Red Turtle Dove)はパキスタン、インドからネパール、チベット、中国、東南アジア、台湾、フィリピンにかけ広く分布する全長約23cmのハト科キジバト属の鳥で、全部で2亜種に分かれており、今回目にしたのはネパール東部、インド北東部、チベット北東部から中国、台湾、日本の南西諸島、フィリピンにかけて分布する亜種ベニバト(Streptopelia tranquebarica humilis)と思われます。

カッティエン国立公園で遠くの木に群れでとまっていた亜種ベニバト。

ベニバト5

頭から頸が青灰色で、翼と背中に赤色みがあるのがオスの特徴です。

ベニバト7

ベニバト8

こちらはオスで

ベニバト1

こちらはメスでしょうか・・・

ベニバト2

今日は日本でも数少ない旅鳥または冬鳥として西日本に渡来し、南西諸島ではほぼ毎年記録があるベニバトをご紹介しましたが、名前のようにオスでは全身紅色で体長も約23cmと小さく、何とも可愛らしいハトです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる