FC2ブログ

チャムネヒヨドリ、メグロヒヨドリ

フィリピンシリーズの続きで、今日はチャムネヒヨドリの幼鳥と思われる個体とメグロヒヨドリをご紹介します。

最初はセブ島の植物園で目にしたチャムネヒヨドリの幼鳥と思われる個体です。

チャムネヒヨドリ(Philippine Bulbul)はフィリピンに分布する体長約22cmのヒヨドリ科Hypsipetes属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン中東部、南部に分布する亜種Hypsipetes philippinus saturatiorの幼鳥と思われます。

成鳥は頭部が灰褐色で、頭部や頬に白色の細い縞模様があり、和名のように喉から胸にかけて茶色なのが特徴ですが、今回目にしたのは頭部全体が黒色で、胸の茶色みもまだ淡く、巣立って間もない幼鳥と思われます。

DSC07192.jpg

DSC07199.jpg

DSC07204.jpg

DSC07209.jpg

次はオランゴ島のホテル中庭で目にしたメグロヒヨドリです。

メグロヒヨドリ(Yellow-vented Bulbul)はミャンマー南部、タイ南部からインドシナ、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、フィリピンにかけて分布する体長20~20.5cmのヒヨドリ科シロガシラっ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン中部に分布する亜種Pycnonotus goiavier samarensisと思われます。

突然中庭にやって来た2羽のメグロヒヨドリ。和名のごとく目の周りと目先が黒く、ちょっと悪役の雰囲気を携えています。

DSC06204.jpg

上の1羽を大きくトリミングしてみました。

DSC06210.jpg

DSC06232.jpg

今日はフィリピン滞在中目にしたチャムネヒヨドリの幼鳥と思われる個体とメグロヒヨドリをご紹介しましたが、特に前者については幼鳥であるため同定が難しく、嘴の形、喉から胸にかけての茶褐色部、上腹部の白色斑などを基に推測したものであり、確証はあまりないことを付け加えておきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チョウショウバト

フィリピンシリーズの続きで、今日はチョウショウバトをご紹介します。

チョウショウバト(Zebra Dove)はタイ南部、マレーシア、シンガポールから、インドネシアのスマトラ島、ジャワ島、バリ島などの島々に自然分布する体長約21cmのハト科チョウショウバト属の小型のハトですが、近年、かご抜けあるいは意図的な放鳥により、タイ中部、ラオス、ボルネオ島、スラウェシ島、ハワイ、ニューカレドニアなど、広い範囲で見ることができるようで、今回フィリピンで目にしたのもかご抜けあるいは意図的な放鳥により分布を広げたものではないかと思われます。

マクタン島のホテル中庭で目にしたチョウショウバト。上面は褐色みのある灰色で黒の縞模様があり、下面は桃色みを帯び、頸、胸、腹の両側に黒い縞があるのが特徴で、顔は青灰色で目の周りに青い皮膚が裸出しています。

DSC06780.jpg

DSC06784.jpg

DSC06783.jpg

こちらはオランゴ島のホテル中庭で目にしたチョウショウバト。

DSC06330.jpg

DSC06328.jpg

DSC06313.jpg

DSC06298.jpg

今日は愛らしい小型のハト、チョウショウバトをご紹介しましたが、英名は上面の縞模様がシマウマに似ていることから、また、聞き慣れない和名は長嘯鳩(長くうなるハトの意)から名付けられたものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミドリカラスモドキ

フィリピンシリーズの続きで、今日はミドリカラスモドキをご紹介します。

ミドリカラスモドキ(Asian Glossy Starling)はインド、バングラデシュ、ミャンマー、タイ、マレー半島からアンダマン諸島、ニコバル諸島、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、スラウェシ、フィリピンなどにかけて分布する体長約20cmのムクドリ科カラスモドキ属の鳥で、分布域により13亜種に分かれており、今回目にしたのはスラウェシからフィリピンにかけて分布する基亜種Aplonis panayensis panayensisと思われます。

セブ島と陸続きのマクタン島からボートで15分ほどのところにあるオランゴ島の海岸線で目にしたミドリカラスモドキの成鳥。雌雄同色であり、成鳥は和名のように全体が光沢のある緑色みを帯びた黒色で、虹彩が赤色なのが特徴です。

DSC06387.jpg

DSC06399.jpg

DSC06401.jpg

DSC06422.jpg

DSC06427.jpg

左側にやって来たのは上面が褐色みを帯び、下面は白くて黒褐色の縦斑があることから若い個体と思われます。

DSC06428.jpg


DSC06432.jpg

こちらはマクタン島のホテルにとまっていたミドリカラスモドキの若鳥。

DSC06754.jpg

DSC06758.jpg

今日は滞在中あちこちで見かけたミドリカラスモドキをご紹介しましたが、果物や種子、昆虫など何でも食べると言われるミドリカラスモドキはカラスのいない当地においては、まさにカラスのような生物学的位置を占めているようで、我が物顔であちこちを飛び回っていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロガシラトビ

フィリピンシリーズの続きで、今日は日本でも2014年に石垣島で初めて確認されたシロガシラトビをご紹介します。

シロガシラトビ(Brahminy Kite)はインドから中国南部、東南アジア、オーストラリア、ソロモン諸島にかけて広く分布する体長44~52cmのタカ科シロガシラトビ属の猛禽で、全部で4亜種に分かれており、今回目にしたのはマレー半島から大スンダ列島、小スンダ列島、フィリピン、スラウェシにかけて分布する亜種Haliastur indus intermediusと思われます。

セブ島南部の海岸線で上空を旋回していたシロガシラトビ。成鳥では和名のように頭部から腹にかけて白色で、翼から尾羽が鮮やかな茶色であり、見た目にも大変美しく見えます。

DSC04944.jpg

DSC04943.jpg

DSC04942.jpg

DSC04934.jpg

DSC04928.jpg

DSC04933.jpg

今日はセブ島南部で目にしたシロガシラトビの亜種Haliastur indus intermediusと思われる個体をご紹介しましたが、以前タイ中部で目にしたシロガシラトビは頭部から腹にかけての白色部に暗褐色の縦斑がより顕著にあったことから基亜種Haliastur indus indusであった可能性が高いと思われます。 ご参考までに以前のブログをご紹介します。

シロガシラトビ(タイ中部)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

フィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)

フィリピンシリーズの続きで、今日はフィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)をご紹介します。

フィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)(Philippine Pied Fantail)はかってはインドシナからマレー半島、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、バリ、フィリピンにかけて分布するオウギビタキ科オウギビタキ属のムナオビオウギビタキ(Malaysian Pied Fantail)の亜種として分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では本種をムナオビオウギビタキから分離させ、フィリピンの固有種として扱っており、本ブログもIOC分類に従い記載しています。

セブ島の寺院で目にしたフィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)。頭頂から顔にかけて黒色ではっきりとした白い眉斑があり、胸には太い帯状の斑があり、尾羽を扇状に広げることが和名の由来となっています。

DSC07307.jpg

DSC07306.jpg

DSC05161.jpg

このように長い尾羽を立てるのもオウギビタキの仲間の特徴です。

DSC05235.jpg

DSC05233.jpg

その後、遠くの木にとまり・・・

DSC05180.jpg

飛び上がりました。尾羽先端の白斑が目立ちます・・・

DSC05210.jpg

今日はムナオビオウギビタキ(Malaysian Pied Fantail)から分離独立したフィリピンの固有種、フィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)をご紹介しましたが、形態的にはムナオビオウギビタキとよく似ており、最も大きな違いはフィリピンムナオビオウギビタキのほうが白い眉斑がはっきりしていることです。ご参考までに、以前タイで目にしたムナオビオウギビタキのブログをご紹介します。

ムナオビオウギビタキ(タイ)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる