タイワンオオタカ

台湾シリーズの続きで、今日はカンムリオオタカの台湾の固有亜種であるタイワンオオタカをご紹介します。

カンムリオオタカ(Crested Goshawk)はインド、スリランカ、中国南部、台湾、インドネシア、フィリピンなどで繁殖している体長30~46cmのタカ科の鳥で、生息域により11亜種に分かれており、そのうち、台湾に分布するのは台湾の固有亜種タイワンオオタカ(Accipiter trivirgatus formosae)とされています。

台北市内の公園で目にしたタイワンオオタカの幼鳥。幼鳥では体下面に黒褐色の縦斑があり、頭部には成鳥で見られる冠羽がまだありません。

カンムリオオタカ11

公園内にいる小鳥類を狙っているのでしょうか、盛んに周りの様子を伺っていました。

カンムリオオタカ12

カンムリオオタカ10

カンムリオオタカ8

カンムリオオタカ9

カンムリオオタカ6

背中側から。幼鳥とはいえ眼光は鋭いです・・・

カンムリオオタカ5

カンムリオオタカ4

今日はカンムリオオタカの台湾の固有亜種であるタイワンオオタカをご紹介しましたが、身近でこのような猛禽が見られる台湾は何とも魅力的なところです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シマキンパラ

台湾シリーズの続きで、今日はシマキンパラをご紹介します。

シマキンパラ(Scaly-breasted Munia)はインドから中国南部、台湾、東南アジアにかけて広く分布する体長約11cmのカエデチョウ科の鳥で、生息域により12亜種に分類されており、今回当地で目にしたのはミャンマー南部、 タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、中国南部、海南島、台湾、奄美諸島、沖縄諸島などに分布する亜種シマキンパラ(Lonchura punctulata topela)と思われます。

台北市内の植物園で目にしたシマキンパラの成鳥。白い体下面には名前のように(Scalyは鱗状の意)、羽縁に茶褐色のU字模様があり、全体的に鱗模様となって見えるのが特徴です。

シマキンパラ4

シマキンパラ1

シマキンパラ2

右端はシマキンパラの幼鳥。幼羽では全身淡茶褐色で、体下面に鱗模様は見られません。

シマキンパラ3

シマキンパラ5

シマキンパラ6

今日は台北の植物園で目にしたシマキンパラをご紹介しましたが、シマキンパラは本来日本にはいなかった種ですが、沖縄では1988年から野外での報告があり、愛玩用・観賞用に輸入された飼い鳥が逃げ出した、あるいは飼い主によって放たれ野生化したと考えられており、近年、沖縄諸島をはじめ、奄美諸島以南の多くの島で観察されています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロヒヨドリ、タイワンシロガシラ

台湾シリーズの続きで、今日はヒヨドリの仲間2種をご紹介します。

最初はクロヒヨドリです。

クロヒヨドリ(Black Bulbul)はアフガニスタン、パキスタン、ヒマラヤ山域からミャンマー、インド、中国南部、台湾、インドシナ半島にかけて分布する体長約20cmのヒヨドリ科ヒヨドリ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、台湾では亜種Hypsipetes leucocephalus nigerrimusが留鳥として生息しています。

台北の市街地で目にしたクロヒヨドリの台湾亜種。全身黒色で風切外弁の一部は灰白色、真紅の嘴と足が印象的です。

クロヒヨドリ1

クロヒヨドリ4

クロヒヨドリ5

次は亜種タイワンシロガシラです。

シロガシラ(Light-vented Bulbul)は中国中南部からベトナム北部、台湾、日本などに分布する体長18~19cmのヒヨドリ科シロガシラ属の鳥で、全部で4亜種が認められており、日本では亜種ヤエヤマシロガシラ(Pycnonotus sinensis orii) が八重山諸島(石垣島・西表島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島)に留鳥として分布するほか、台湾原産の亜種タイワンシロガシラ(Pycnonotus sinensis formosae)が人為的に持ち込まれたと考えられる個体群が沖縄本島南部で繁殖しています。

白い帽子のような頭が特徴の亜種タイワンシロガシラ。

シロガシラ5

シロガシラ3

シロガシラ4

シロガシラ2

今日はタイワンに分布するヒヨドリの仲間2種をご紹介しましたが、日本のヒヨドリもそうですが、ヒヨドリの仲間たちは鳴き声だけでなく、見た目にも共通した特徴を持っているように見えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ゴジュウカラ台湾亜種

台湾シリーズの続きで、今日はゴジュウカラの台湾亜種をご紹介します。

ゴジュウカラ(Eurasian Nuthatch)は寒帯と山岳地帯を除くユーラシアに広く分布する体長約147cmのゴジュウカラ科ゴジュウカラ属の鳥で、分布域により21亜種に分かれており、生息地では基本的には留鳥で渡りは行わないとされています。日本には①亜種ゴジュウカラ(本州、隠岐、四国、九州北部)、②亜種シロハラゴジュウカラ(ロシア東部からシベリア、北海道に分布)、③亜種キュウシュウゴジュウカラ(九州南部)の3亜種が分布していますが、高地で繁殖した個体は冬季には低地に移動することが知られています。

高山帯の草地で目にしたゴジュウカラの台湾亜種。当地に分布するゴジュウカラは喉から体下面が明るい赤褐色をした亜種Sitta europaea formosanaと思われます。

ゴジュウカラ2

ゴジュウカラ3

ゴジュウカラ4

ゴジュウカラ5

ゴジュウカラ6

ゴジュウカラ7

今日は台湾の高山帯で目にしたタイワンゴジュウカラとも言うべき台湾の固有亜種をご紹介しましたが、日本で見られるゴジュウカラの3亜種とは異なり体下面が赤褐色をしており、やはり異国の地のゴジュウカラという雰囲気たっぷりでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンヤマガラ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾の固有種タイワンヤマガラをご紹介します。

タイワンヤマガラ(Chestnut-bellied Tit)は台湾の中・低海抜の山地に分布する体長12~14cmのシジュウカラ科ヤマガラ属の台湾固有種で、かってはヤマガラ(Varied Tit)の8亜種(ヤマガラ、ナミエヤマガラ、オーストンヤマガラ、タネヤマガラ、ヤクシマヤマガラ、アマミヤマガラ、オリイヤマガラ、タイワンヤマガラ) の一つとされていましたが、現在IOC(国際鳥類学会議)では、オーストンヤマガラ(八丈島、御蔵島、三宅島)、オリイヤマガラ(西表島)、タイワンヤマガラの3亜種を別種として分離独立させています。

森林公園の水場にやって来たタイワンヤマガラ。英名のように濃い栗色の体下面が印象的です。

ヤマガラ1

ヤマガラ2

ヤマガラ3

ヤマガラ4

ヤマガラ5

満開の桜にやって来たタイワンヤマガラ。

ヤマガラ6

ヤマガラ7

ヤマガラ8

今日は台湾の固有種タイワンヤマガラをご紹介しましたが、見た目には北海道や本州、四国、九州などで普通に見られるヤマガラの亜種ヤマガラとよく似ていますが、分子系統学的解析ではヤマガラの亜種間ほど近縁ではないようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キバラシジュウカラ

台湾シリーズの続きで、今日はキバラシジュウカラをご紹介します。

キバラシジュウカラ(Green-backed Tit )はパキスタン、インド、バングラデシュ、ミャンマー、ネパール、ブータン、中国、ラオス、ベトナム、台湾などに分布する体長12~13cmのシジュウカラ科シジュウカラ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、そのうち台湾の個体群は台湾の固有亜種 Parus monticolus insperatusとされています。

イイギリの赤い実にやって来たキバラシジュウカラ。英名は背が緑色のシジュウカラとなっていますが、むしろ黄緑色に近い色をしており、和名のキバラシジュウカラのほうが何となくしっくりきます。

キバラシジュウカラ2

キバラシジュウカラ3

キバラシジュウカラ1

ブッシュの中にいたキバラシジュウカラ。背中の黄緑色がきれいです・・・

キバラシジュウカラ4

キバラシジュウカラ5

今日はキバラシジュウカラの台湾の固有亜種をご紹介しましたが、敢えて和名を付けるとするとタイワンキバラシジュウカラとでもなるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カワビタキ

台湾シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるカワビタキをご紹介します。

カワビタキ(Plumbeous Water Redstart)はアフガニスタン東部から東南アジア、中国東部、台湾などに分布する体長約14cmのヒタキ科の鳥で、2亜種に分類されており、台湾では固有亜種Phoenicurus fuliginosus affinisが分布しています。また、日本でも迷鳥として山口県、栃木県、長崎県などで記録があり、英名は”鉛色をした水辺のジョウビタキ”から、和名は”水辺にいるヒタキ”から名付けられています。

景勝地の渓流近くで目にしたカワビタキのオス。全身、鉛藍灰色で、上尾筒、下尾筒、尾羽は鮮やかな栗紅色をしています。

カワビタキ1

カワビタキ2

カワビタキ3

こちらは全体に淡色のメス。

カワビタキ11

カワビタキ12

カワビタキ13

カワビタキ14

カワビタキ15

カワビタキ16

今日は日本でも迷鳥として記録のあるカワビタキをご紹介しましたが、日本で記録あるカワビタキは中国に分布する基亜種Phoenicurus fuliginosus fuliginosusとされており、カワビタキに限らず、やはり島国である台湾の亜種が日本にやって来る可能性はかなり低いものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンキンバネガビチョウ

台湾シリーズの続きで、今日も台湾の固有種タイワンキンバネガビチョウをご紹介します。

タイワンキンバネガビチョウ(White-whiskered Laughingthrush)は台湾にのみ分布する体長約26cmのガビチョウ科ガビチョウ属(アメリカ鳥学会ではチメドリ科ガビチョウ亜科ガビチョウ属)の台湾の固有種で、名前のように黄色い(金色の)翼と、白い眉斑と頬ひげのような白斑に特徴があります。

中海抜の山地の林縁に出てきたタイワンキンバネガビチョウ。人をあまり恐れず、餌をねだって近くにもやって来ます。


キンバネガビチョウ1

キンバネガビチョウ2

キンバネガビチョウ3

キンバネガビチョウ4

キンバネガビチョウ5

キンバネガビチョウ6

キンバネガビチョウ7

今日は別名キンバネホイビイとも呼ばれる、台湾の固有種タイワンキンバネガビチョウをご紹介しましたが、台湾ではガビチョウのことをホイビイとも呼ぶためこのような名前が付けられているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンヒメマルハシ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾の固有種タイワンヒメマルハシをご紹介します。

ヒメマルハシ(Taiwan Scimitar Babbler)はかってはインド、ネパール、ブータン、中国、ミャンマー、ラオス、ベトナム、台湾などに分布するアカガシラチメドリ科マルハシ属(アメリカ鳥学会ではチメドリ科アカガシラチメドリ亜科マルハシ属として分類)のヒメマルハシ(Streak‐breasted Scimitar Babbler)の台湾の亜種とされていましたが、近年大陸の亜種から分離し、別種として扱われています。体長は約20cmで、体上面は褐色、太い黒色の過眼線と白い眉斑があり、喉と胸が白く、胸にはに黒褐色の縦斑が目立ちます。

山岳地帯の川沿いで目にしたタイワンヒメマルハシ。黒く太い過眼線と下に湾曲した嘴、黄色い虹彩がちょっと悪そうな雰囲気を醸し出しています・・・

ヒメマルハシ1

タイワンヒメマルハシは群れで行動していましたが、こちらはそのうちの2羽。

ヒメマルハシ2

ヒメマルハシ3

ヒメマルハシ4

ヒメマルハシ5

ヒメマルハシ6

ヒメマルハシ7

ヒメマルハシ8

ヒメマルハシ9

今日は従来の亜種から別種に変更になったタイワンヒメマルハシをご紹介しましたが、近年、遺伝子レベルでの研究が進むにつれ鳥類の分類も大きく変化し、従来の亜種が別種として分離独立するケースも増えているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤブドリ

台湾シリーズの続きで、今日も台湾の固有種ヤブドリをご紹介します。

ヤブドリ(Steere's liocichla)は台湾の中海抜の山地に分布する体長約17cmのガビチョウ科ヤブドリ属の台湾の固有種で、和名のごとく主に樹林の下層や藪の中などで活動していることが多いようです。

林縁に出てきたヤブドリ。体型は丸く、全身オリーブ黄色で、頭頂は灰色、頬は灰褐色で、目の前方に黄色の斑紋があるため、遠目で見るとちょっと目付きが悪く見えます。

ヤブドリ1

ヤブドリ2

ヤブドリ3

ヤブドリ4

ヤブドリ5

ヤブドリ6

ヤブドリ7

昨日に続き、今日もガビチョウ科の台湾の固有種ヤブドリをご紹介しましたが、AOU(アメリカ鳥学会)では、IOC(国際鳥類学会議)分類によるアカガシラチメドリ科、チメドリ科、ガビチョウ科の3科をまとめてチメドリ科とし、アカガシラチメドリ科、チメドリ科、ガビチョウ科はそれぞれ亜科としています。分類についてはどちらが正しいということではありませんが、分類の世界はなかなか複雑です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シマドリ

台湾シリーズの続きで、今日はシマドリをご紹介します。

シマドリ(Taiwan Barwing)は台湾の中・高海抜の限られた山地に分布する体長約18cmのガビチョウ科シマドリ属の台湾の固有種で、名前のように頸と胸に暗灰色の縦斑があるのが特徴です。

高山帯の駐車場近くで目にしたシマドリ。この木の実が好物なようで夢中で実を食べていました。頭から顔、上面、下半身は鮮やかな栗色で、頸から胸にかけての暗灰色の縦斑が印象的です。

シマドリ1

尾羽には黒褐色の細かい横斑が目立ちます・・・

シマドリ2

シマドリ3

シマドリ4

シマドリ6

シマドリ7

今日は台湾の固有種シマドリをご紹介しましたが、今回、限られた日程の中、中・高海抜の限られた山地でしか見ることのできないこのシマドリに出会えたのは大変幸運でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンノドジロガビチョウ

台湾シリーズの続きで、今日はタイワンノドジロガビチョウをご紹介します。

タイワンノドジロガビチョウ(Rufous-crowned Laughingthrush、学名:Garrulax ruficeps)は台湾中央部の低・中海抜の山地に分布する体長27~29cmのガビチョウ科ガビチョウ属の鳥で、かってはヒマラヤから中国南部、ベトナム北西部、台湾にかけて分布するノドジロガビチョウ(White‐throated Laughingthrush、学名Garrulax albogularis)の台湾亜種として分類されていたものが、近年、ノドジロガビチョウから分離独立し、台湾の固有種タイワンノドジロガビチョウとなったものです。

高山帯の低木にとまったタイワンノドジロガビチョウ。別種ノドジロガビチョウと比べると、英名のように頭頂部が赤茶色をしているのが特徴のようです。

ノドジロガビチョウ3

ノドジロガビチョウ4

ノドジロガビチョウ5

ノドジロガビチョウ6

こちらは道路わきの薄暗いブッシュにやって来たタイワンノドジロガビチョウ。間近で見ると喉の白さがひときわ目を引きます。

ノドジロガビチョウ1

ノドジロガビチョウ2

今日はかってのノドジロガビチョウから分離独立したタイワンノドジロガビチョウをご紹介しましたが、本種に限らず台湾の固有亜種は、分類の見直しに伴い台湾固有の別種として分離独立する傾向にあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

メジロチメドリ、亜種ヒメメジロ

台湾シリーズの続きで、今日はメジロチメドリと、メジロの亜種ヒメメジロをご紹介します。

最初はメジロチメドリです。

メジロチメドリ(Grey-cheeked Fulvetta)はかってはミャンマー、タイ、ベトナム、中国、台湾などに分布するチメドリ科の1種として分類されていましたが、近年、生息域により4種に分けられており、その結果、台湾の固有亜種は従来の学名、英名を引き継ぎ、Grey-cheeked Fulvetta(学名:Alcippe morrisonia)として分離独立しています。

林道わきのブッシュで目にしたメジロチメドリ。英名のごとく灰色の顔が何とも印象的です・・・

メジロチメドリ1

メジロチメドリ2

メジロチメドリ3

次はメジロの亜種ヒメメジロです。

メジロ(Japanese White-eye)については今更言うこともありませんが、東アジアから東南アジアにかけて分布するメジロ科メジロ属の鳥で、分布域により全部で9亜種に分類されており、日本では北海道から南西諸島、硫黄列島にかけ広く分布し、国内では6亜種(メジロ、シチトウメジロ、イオウジマメジロ、ダイトウメジロ、シマメジロ、リュウキュウメジロ)の分布が知られています。その中で今回、台湾で目にしたのは中国東部、台湾、ベトナムで繁殖し、冬季インドシナ半島中部で越冬する亜種ヒメメジロ(Zosterops japonicus simplex)と思われます。

満開の桜にやって来た亜種ヒメメジロ。眼先や前頭部、背などが黄色がかり、胸部が灰白色であるのが特徴とされています。

メジロ1

メジロ2

メジロ3

メジロ4

メジロ5

今日は共に白いアイリングのある台湾の固有種メジロチメドリとメジロの亜種ヒメメジロをご紹介しましたが、分類上、チメドリ(知目鳥)科とメジロ(目白)科は姉妹群とする考え方があり、そういう意味では似ていて当然と言えなくもありません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キクチヒタキ

台湾シリーズの続きで、今日は同じく高山帯で見られるヒタキ科のキクチヒタキをご紹介します。

キクチヒタキ(White-browed Bush Robin)はネパール、インド、ブータン、中国、ミャンマー、台湾などの高山帯に分布する体長約13cmのヒタキ科の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、台湾に分布するのは固有亜種Tarsiger indicus formosanusとされています。

よく茂った森の林縁に出てきたキクチヒタキのオス。オスの上面は青味のある灰黒色で、下面はオリーブ黄色。英名のごとく白く長い眉斑が特徴の美しい鳥です。

キクチヒタキ2

外形はアリサンヒタキにもよく似ていますが、アリサンヒタキに見られる胸や肩羽の橙紅色の帯がないのが識別ポイントです。

キクチヒタキ3

キクチヒタキ4

キクチヒタキ5

枝どまりのキクチヒタキ。

キクチヒタキ6

キクチヒタキ7

今日は台湾の固有亜種キクチヒタキ(Tarsiger indicus formosanus)をご紹介しましたが、①ヒマラヤ中東部に分布する基亜種Tarsiger indicus indicusや②ミャンマー北部、中国南部、ベトナム北部に分布する亜種Tarsiger indicus yunnanensiとは鳴き声が異なるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アリサンヒタキ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾を代表する固有種、アリサンヒタキをご紹介します。

アリサンヒタキ(Collared Bush Robin)は台湾にのみ分布する体長約12cmのヒタキ科の鳥で、標高2,000~2,800mの高山に生息し、阿里山でよく見られたことが和名の由来になっています。

高山帯で目にしたアリサンヒタキのオス。頭から上面は濃青色で、体下面はオリーブ黄色、白く長い眉斑と、胸と後頸、肩羽の橙紅色がアクセントになっています。なお、英名はこの襟のような橙紅色の帯から名付けられたものと思われます。

アリサンヒタキ11

アリサンヒタキ12

アリサンヒタキ6

アリサンヒタキ7

アリサンヒタキ8

やはりヒタキ科の鳥、いろいろなポーズでサービスしてくれます。

アリサンヒタキ9

アリサンヒタキ10

アリサンヒタキ1

アリサンヒタキ2

アリサンヒタキ4

アリサンヒタキ5

今日は台湾を代表する固有種 アリサンヒタキをご紹介しましたが、和名からすると阿里山周辺でしか目にすることができないようにも思われますが、島の中央部を南北に高山帯が走っている台湾では、阿里山周辺だけでなく、高山帯であれば同じように目にすることができるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミヤマテッケイ

台湾シリーズの続きで、今日はミヤマテッケイをご紹介します。

ミヤマテッケイ(Taiwan Partridge)は昨日のサンケイ同様、台湾の海抜900~3000mの山地に生息する台湾固有のキジ科ミヤマテッケイ属の鳥で、体長は約24cmと小型ですが、全身ほぼ灰黒色で上面には黒褐色の鱗状斑があり、顔には黒褐色の過眼線に白い頬、喉には黒褐色の帯があり、脚は赤色で、よくよく見ると地味系ではありますが、なかなか美しい鳥でもあります。

高山帯の山の斜面で餌を啄んでいたミヤマテッケイ。

ミヤマテッケイ9

ミヤマテッケイ10

ミヤマテッケイ11

ミヤマテッケイ12

近くにやって来たミヤマテッケイ。よくよく見ると墨色をした体下面がいぶし銀のように美しいです・・・

ミヤマテッケイ1

ミヤマテッケイ2

ミヤマテッケイ3

ミヤマテッケイ4

今日は台湾の固有種、ミヤマテッケイをご紹介しましたが、その聞きなれない名前の由来ですが、台湾にはキジ科コジュケイ属のテッケイ(竹鶏、Taiwan Bamboo Partridge:かっては日本に移入された外来種コジュケイの台湾亜種でしたが、現在は別種として独立)が標高300~1,200mの草原、森林、竹林、農耕地などに生息するのに対し、よく似たミヤマテッケイはより標高の高い山地に生息することから、このように名付けられたものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

サンケイ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾の固有種、サンケイをご紹介します。

サンケイ(Swinhoe's Pheasant)は台湾の高地に生息するキジ科の鳥で、オスは全身暗藍色で、顔には紅色の皮膚が露出した肉垂れ、頭頂には白色の短い冠羽、上背は白色、肩羽は紅褐色で、そして尾羽は長く、特に中央の2枚の白色の尾羽が長いのが特徴です。

山から降りてきたサンケイのオス。体長約79cmと日本のキジより少し小さめですが、光の下では藍色や緑色の金属光沢が輝き、とても美しく見えます。

サンケイ1

道路わきで餌を啄むサンケイ。周りにいる地味系の鳥はメス。

サンケイ0

サンケイ2

サンケイ4

サンケイ6

サンケイ7

サンケイ8

体長約50cmとオスより小振りなメス。メスのほうは全身灰褐色で、目の周りの紅色の露出部が印象的です。

サンケイ10

サンケイ11

サンケイ12

今日は台湾のキジ科の中では最も美しいとされるサンケイをご紹介しましたが、今回も同じキジ科の台湾固有種ミカドキジについては見ることが叶わず、次回の宿題となってしまいました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒゴロモ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾でも人気のヒゴロモをご紹介します。

ヒゴロモ(Maroon Oriole)はヒマラヤから東南アジア、中国南部、台湾に分布する体長24~28cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、分布域により4亜種に分類されており、台湾には台湾固有の亜種Oriolus traillii ardensが生息しています。なお、亜種により若干違いはありますが、和名のように体色が緋色(英名は栗色)なのが共通の特徴です。

山麓の開けた場所で目にしたヒゴロモのメス。メスはオスに比べると上面の緋色が鈍く、胸以下の体下面は白っぽく、黒褐色の縦斑があるのが特徴です。

ヒゴロモ1

ヒゴロモ2

枝を少し移動し、色々なポーズをとってくれました・・・

ヒゴロモ3

ヒゴロモ4

ヒゴロモ5

ヒゴロモ6

ヒゴロモ7

コウライウグイス科コウライウグイス属の鳥は世界で29種が知られていますが、そのうち、日本ではコウライウグイス1種のみが稀な旅鳥として渡来し、黄色い体色の鳥というイメージが強いですが、黄色以外にも緋色、緑色、オリーブ色、茶色、銀色、黒色など多様な体色を持った仲間の存在が知られています。今度はそんな体色の異なるコウライウグイスも見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ズアカエナガ

台湾シリーズの続きで、今日はズアカエナガをご紹介します。

ズアカエナガ(Black-throated Bushtit)はヒマラヤからインド、東南アジア、中国、台湾に分布する体長10~11cmのエナガ科の鳥で、分布域により6亜種に分類されており、台湾に分布するのは中国、ベトナム、台湾に分布する基亜種Aegithalos concinnus concinnusとされています。英名は喉に黒斑があることから、和名は頭部が赤茶色であることから名付けられています。

亜高山帯の森で目にしたズアカエナガ。空抜けで鮮明な写真ではありませんが・・・

ズアカエナガ7

ズアカエナガ8

ズアカエナガ5

ズアカエナガ6

ズアカエナガ4

頭上から見たズアカエナガ。頭部全体が赤茶色であることが分かります・・・

ズアカエナガ1

今日はヒマラヤからインド、東南アジア、中国、台湾に分布するズアカエナガをご紹介しましたが、昨年訪れた際には目にすることができず一度は見たいと思っていただけに、目にした時には思わず夢中でシャッターを切っていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コシジロムシクイ

台湾シリーズの続きで、今日はコシジロムシクイをご紹介します。

コシジロムシクイ(Rufous-faced Warbler)はヒマラヤから東南アジア、中国、台湾にかけて分布する体長約8cmのウグイス科マミジロムシクイ属の鳥で、分布域により3亜種に分類されており、台湾に分布するのは中国、台湾、インドシナ半島北部・中部に分布する亜種Abroscopus albogularis fulvifaciesとされています。

亜高山帯の自然保護区で目にしたコシジロムシクイのオス。やはりウグイス科の鳥、動きが早くなかなかじっとしてくれません・・・

コシジロムシクイ1

コシジロムシクイ9

コシジロムシクイ10

こちらは間近に姿を見せてくれたコシジロムシクイのオス。オスは顔の赤褐色みが強く、喉に黒斑があるのが特徴です。

コシジロムシクイ3

コシジロムシクイ4

コシジロムシクイ5

コシジロムシクイ6

体に似ず特徴ある大声で鳴いていたコシジロムシクイ。

コシジロムシクイ7

コシジロムシクイ8

今日は体長約8cmと小型のコシジロムシクイをご紹介しましたが、今回は残念ながら和名のような腰の白色部分は見ることができませんでしたが、コシジロムシクイは見た目にも赤褐色の顔に特徴があり、そういう意味では英名のほうがよくその特徴を捉えているようにも思えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ニイタカキクイタダキ

台湾シリーズの続きで、今日はバーダーに大変人気のあるニイタカキクイタダキをご紹介します。

ニイタカキクイタダキ(Flamecrest)は台湾固有の体長約9cmのキクイタダキ科の鳥で、日本で見られるキクイタダキ(Goldcrest)にもよく似ていますが、顔はより白く、眼の周りは黒く縁取りされ、腹はより黄色みが強いのが特徴です。英名は繁殖期に頭頂の冠羽が炎のように真っ赤に開くことから、和名のニイタカは台湾最高峰の玉山の日本統治時代の呼び名「新高山」に由来しています。

高山帯で目にしたニイタカキクイタダキ。この時はまだ繁殖期には入っていないようで、その特徴ある真っ赤な冠羽は見ることができませんでした。

ニイタカキクイタダキ1

ニイタカキクイタダキ2

ニイタカキクイタダキ3

ニイタカキクイタダキ4

ニイタカキクイタダキ5

昨年は見ることすら叶わなかったニイタカキクイタダキですが、今回は遠くではありましたが、何とか姿だけは見ることができました。でき得れば今度は是非その魅力的な真っ赤な冠羽を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハナドリ

昨日の続きで、今日は台湾の固有亜種 ハナドリをご紹介します。

ハナドリ(Fire-breasted flowerpecker)はインド、ネパール、ブータン、バングラデシュから中国、ラオス、タイ、マレーシア、ベトナム、台湾、インドネシア、フィリピンにかけて分布する体長約9cmのハナドリ科の鳥で、分布域により8亜種に分類されており、台湾で生息する個体群は台湾の固有亜種Dicaeum ignipectus formosumとされています。

高山帯の自然保護区で目にしたハナドリのオス。オスは背が瑠璃藍色で、喉から胸は橙紅色、腹の中央に一本の藍色の縦帯があるのが特徴です。

ハナドリ1

ハナドリ2

ハナドリ3

ハナドリ4

ハナドリ5

ハナドリ6

ハナドリ7

ハナドリ9

恋の季節なのか盛んに囀っていました・・・

ハナドリ8

ハナドリ10

今日は体長約9cmと非常に小さな台湾の固有亜種ハナドリをご紹介しましたが、ハナドリ科の鳥たちは花蜜や果実を食し、その植物の種子の拡散に重要な役割を果たしていると言われています。昆虫と虫媒花の関係もそうですが、このような鳥たちの食性と植物との共生関係を想像しながら鳥たちを見ていると、また新たな興味が湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ベニサンショウクイ

昨日の続きで、今日は羽衣の美しいいベニサンショウクイをご紹介します。

ベニサンショウクイ(Grey-chinned Minivet)はヒマラヤ、中国南部から台湾、マレー半島、スマトラ西部、ボルネオ北部に分布する体長17~19cmのサンショウクイ科の鳥で、全部で8亜種に分類されており、台湾で見られるのは中国南東部、台湾、海南島、ラオス、ベトナムに分布する亜種Pericrocotus solaris griseogularisとされています。夏場は標高600m以上の山地の林縁部に生息していますが、冬季には少し標高の低いところに降りてくるようです。

高山帯で目にしたベニサンショウクイのオス。和名はオスの鮮やかな橙紅色から、英名は喉の辺りが灰色であることから名付けられています。

ベニサンショウクイ5

ベニサンショウクイ6

ベニサンショウクイ7

ベニサンショウクイ4

ベニサンショウクイ10

ベニサンショウクイ1

ベニサンショウクイ2

こちらは体色がレモンイエローのメス。オスに比べれば若干保護色にはなっていますが、他の多くの地味系のメスに比べると美しさが際立っています・・・

ベニサンショウクイ22

ベニサンショウクイ23

ベニサンショウクイ24

ベニサンショウクイ25

ベニサンショウクイ26

ベニサンショウクイ27

今日は台湾の高山帯で目にしたベニサンショウクイをご紹介しましたが、日本人から見ると、色鮮やかな紅色をしたサンショウクイという名前がしっくりきますが、よく似た紅色のヒイロサンショウクイ(Scarlet minivet)などとの識別には喉が灰色というのは大きな特徴であり、この場合、英名のほうがその特徴をよく捉えているようにも思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ゴシキドリ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾の固有種ゴシキドリをご紹介します。

ゴシキドリ(Taiwan Barbet)はかってはゴシキドリ科に分類されていましたが、その後、オオゴシキドリ科として分類され、更に現在はオオゴシキドリ科のBlack-browed Barbetの1亜種から分離独立し、台湾の固有種ゴシキドリ(Taiwan Barbet)として別種扱いになっています。

たわわに実った房状の実にやって来たゴシキドリ。緑色の体色に頭頂と喉が黄色、目の上の黒く太いストライプ、青い頬と頸が鮮やかで、まさに五色鳥の名にふさわしい鳥です。

ゴシキドリ2

ゴシキドリ1

ゴシキドリ3

ゴシキドリ4

こちらはイイギリの木で休んでいたゴシキドリ。

ゴシキドリ5

ゴシキドリ6

ゴシキドリ7

ゴシキドリ8

かってはゴシキドリ科に分類され、そして現在はオオゴシキドリ科のBlack-browed Barbetの1亜種から分離独立し、ゴシキドリ(Taiwan Barbet)として別種扱いになっているゴシキドリですが、これはあくまで分類上での話であり、ゴシキドリ自体は何も変っておらず、ある意味、人間の勝手とも言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンツグミ

昨日の続きで、今日は台湾でも人気のあるタイワンツグミをご紹介します。

タイワンツグミ(Island Thrush)は台湾からフィリピン、ボルネオ、南西太平洋の島嶼にかけて広く分布する体長17~25cmのツグミ科の鳥で、英名からも分かるように島嶼という閉鎖環境で生息していることもあり、現在51の亜種に分類されています。台湾では亜種タイワンツグミが標高1,000~2,500mの山地に分布し、オスでは頭から喉が白色で、後頸から背、翼、尾羽が黒色、下面は栗褐色をした大変美しい鳥として人気があります。

イイギリの赤い実を食べにやって来た亜種タイワンツグミのオス。こちらからは見えない場所で実を食べていたため、撮影できたのはこの1枚だけでした。

タイワンツグミ1

こちらは頸から上の白色部分が鈍いタイワンツグミのメス。

タイワンツグミ14

タイワンツグミ15

タイワンツグミ12

タイワンツグミ13

こちらは別個体のメス。

タイワンツグミ10

タイワンツグミ11

今日はイイギリの赤い実にやってきた台湾の固有亜種タイワンツグミをご紹介しましたが、昨年はオスしか見ることができませんでしたが、今回は初めてメスも見ることができました。それにしても数が少なく、警戒心の強いタイワンツグミはカメラマン泣かせの鳥です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミミジロチメドリ

昨日に続き、今日はミミジロチメドリをご紹介します。

ミミジロチメドリ(White‐eared Sibia)は台湾の中海抜の山地に広く生息し、冬季は低海抜の山地に移動する体長22~24cmのチメドリ科ウタイチメドリ属の台湾の固有種で、名前のように耳羽にかけて白い過眼線があり、尾羽が長いのが特徴で、日本では2006年に与那国島で観察例があるようです。

イイギリの赤い実にやって来たミミジロチメドリ。

ミミジロチメドリ1

ミミジロチメドリ5

ミミジロチメドリ12

ミミジロチメドリ13

赤い実を口に咥えました・・・

ミミジロチメドリ11

ミミジロチメドリ20

ミミジロチメドリ16

ミミジロチメドリ17

ミミジロチメドリ18

ミミジロチメドリ19

今日はチメドリ科ウタイチメドリ属の台湾固有種・ミミジロチメドリをご紹介しましたが、国際鳥類学会議(IOC)ではチメドリ科ガビチョウ亜科はガビチョウ科として独立させており、それに従うと本種はガビチョウ科ウタイチメドリ属として分類されることになります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カンムリチメドリ

昨日の続きで、今日はカンムリチメドリをご紹介します。

カンムリチメドリ(Taiwan yuhina)は台湾の中高海抜の山地に生息する体長13cm程の台湾の固有種で、和名のように冠羽に特徴があり、かってはチメドリ科に分類されていましたが、現在は分類が変わり、メジロ科カンムリチメドリ属に分類されています。

カンヒザクラ(寒緋桜)の真っ赤な花にやって来たカンムリチメドリ。

カンムリチメドリ16

カンムリチメドリ18

カンムリチメドリ19

カンムリチメドリ21

こちらは小木の実にやって来たカンムリチメドリ。

カンムリチメドリ13

カンムリチメドリ14

カンムリチメドリ9

カンムリチメドリ10

カンムリチメドリ2

カンムリチメドリ4

カンムリチメドリ5

今日はカンヒザクラや小木の実にやって来た台湾の固有種・カンムリチメドリをご紹介しましたが、カンムリチメドリは通常、中海抜の森林で生息し、冬季には低地に降りてくることが知られており、平地あるいは低海抜の森林に生息するメジロとは巧みに棲み分けをしているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チャバラオオルリ

台湾シリーズの続きで、今日はチャバラオオルリをご紹介します。

チャバラオオルリ(Vivid niltava)はインド、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、中国、台湾などに分布する体長約18~19cmのヒタキ科の鳥で、日本では迷鳥として沖縄島と与那国島で2回記録がある珍鳥です。和名は腹が茶色のオオルリのような鳥ということで名付けられたと思われますが、茶色というよりはむしろ橙色に近い色をしています。

高山帯のイイギリの赤い実にやって来たチャバラオオルリ。

チャバラオオルリ22

チャバラオオルリ24

チャバラオオルリ20

チャバラオオルリ21

背中を見せてくれたチャバラオオルリ。背中側から見るとオオルリによく似ていますね・・・

チャバラオオルリ5

チャバラオオルリ6

チャバラオオルリ3

チャバラオオルリ4

こちらは上面がオリーブ褐色で、下面が灰褐色の地味系のメス。

チャバラオオルリ35

チャバラオオルリ36

チャバラオオルリ37

チャバラオオルリ38

チャバラオオルリ39

今日は日本でも迷鳥として2回記録があるチャバラオオルリをご紹介しましたが、本種には2亜種が認められており、台湾には基亜種Niltava vivida vividaが留鳥として分布しています。日本で記録された個体も基亜種Niltava vivida vividaとされており、そういう意味でもより親近感を感じさせてくれました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンシジュウカラ

少し前になりますが、桜の咲くころ台湾の探鳥ツアーに参加してきましたので、今日からしばらくの間、当地で目にした鳥たちをご紹介していきたいと思います。

最初は台湾を代表する鳥、タイワンシジュウカラです。

タイワンシジュウカラ(Yellow tit)は台湾の山岳地帯に分布する体長12~13cmの台湾固有のシジュウカラ科の鳥で、顔から体下面は鮮やかな黄色で、頭頂には黒藍色の冠羽があるのが特徴です。

満開の桜にやって来たタイワンシジュウカラ。冠羽が何とも魅力的です・・・

タイワンシジュウカラ7

タイワンシジュウカラ5

タイワンシジュウカラ9

タイワンシジュウカラ8

こちらは空抜けですが・・・

タイワンシジュウカラ10

タイワンシジュウカラ11

タイワンシジュウカラ12

タイワンシジュウカラ13

タイワンシジュウカラ14

今日は台湾を代表するタイワンシジュウカラをご紹介しましたが、タイワンシジュウカラは全体的に個体数が少なく、高山帯の限られたところでしか見ることが難しいようで、昨年も遠くの木にやって来た個体をほんの一瞬目にしただけでした。今回も動きが早く満足いくものではありませんが、それでも何とか花がらみの写真を撮影することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種カラスバト

三宅島探鳥記の最後に、今日は亜種カラスバトをご紹介します。

カラスバト(Japanese Wood Pigeon)は日本と朝鮮半島南部の海岸、済州島、鬱陵島にのみ分布する体長約40cmのハト科カワラバト属の鳥で、日本では留鳥として本州中部以南の島嶼に分布し、春秋の渡りの時期には日本海側の離島で観察されることが多いことで知られています。なお、カラスバトは以下の3亜種が認められており、①亜種カラスバト(本州中部以南の島嶼、朝鮮半島南部の海岸と島嶼)、②亜種アカガシラカラスバト(小笠原諸島、硫黄列島)、③亜種ヨナグニカラスバト(先島諸島)、今回、三宅島で目にしたのはの伊豆諸島に分布する亜種カラスバトです。

島の周遊道路脇の枯れ木にとまっていた亜種カラスバト。全身真っ黒に見え、キジバトより大きく、体のわりに頸は長く、頭が小さく見えるのが特徴です。

カラスバト6

空抜けのため本来の美しい色が出ていませんが、よく見ると頭から後頸、背は赤紫色で、頸と胸には緑色の金属光沢が見られます。

カラスバト1

カラスバト8

カラスバト2

カラスバト3

カラスバト5

今日まで三宅島で目にした鳥たちを縷々ご紹介してきましたが、島で目にする鳥たちはほとんどが固有種あるいは固有亜種たちであり、東京都とはいえ船で約6時間半という離れた場所で長い時間をかけ独自の進化を遂げてきたものと思われます。今回、幸いにも代表的な野鳥はほぼ目にすることができましたが、三宅島には離島ならではの様々な魅力があり、今度はのんびりと島で過ごしてみたいと思いながら島を後にしました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる